ガラスコーティングのヒント

ガラスコーティングは車だけじゃない!最近のトレンド紹介

ガラスコーティングは、愛車を傷から守り、いつまでも新車のような美しい光沢をキープすることができる優れた特性が評価され、今では多くのドライバーが利用するようになっている人気のサービスです。
ところが、このガラスコーティングを行う対象となるのは、何も車だけとは限りません。
車以外にも、オートバイやロードバイクなど、様々な製品に施工が行われており、その利用範囲は拡大する一途を辿っています。
車に対して施工する場合には、ボディーやルーフなど、車の表面すべてに施工をする必要があるため、コーティング剤の使用量も増え、作業を行うスタッフの人件費も高くなります。
しかし、オートバイやロードバイクなどに対して施工を行う場合には、表面積が車に比べて著しく狭いため、薬剤も少量ですみ、人件費も少くてすむのです。
従って、お金がかかると思われがちなガラスコーティングを、数千円という低価格で行うことも可能となっています。
なお、カー用品店やホームセンターなどでは、自宅で簡単に施工ができるという謳い文句のコーティング剤を販売しています。
プロの職人が行う施工に比べると、より低予算で施工ができるというメリットがあります。
プロの職人が専用の機材を使って行うと、仕上がりはより滑らかで、効果が長持ちします。

ガラスコーティングのヒント

最近の住宅は畳の敷いてある和式よりもフローリングの住宅が増えました。
フローリングの良さは、畳に比べても設置費用が安いことです。
また、ダニを寄せ付けにくいため、ダニに刺される心配がありません。
その一方でフローリングは傷がつきやすいという問題点もあります。
そこで、フローリングをコーティングすることで、傷がつきにくくすることができるのです。
フローリングのコーティングにも様々な種類がありますが、人気のコーティングにガラスコーティングがあります。
その特徴は、ガラス膜をフローリングの表面に張り巡らすことで、フローリングの表面を強力に保護します。
子供が少しくらい暴れても傷がつきにくく、余程重たいものでない限り物を落っことしたとしても傷がつきにくいのです。
ただし、あまり重たいものを落っことしてしまうと表面のガラス膜が割れてしまうこともありますので注意が必要です。
ガラスコーティングの光沢については、好みによってできるだけ光らせないこともできますし、光沢を出すこともできます。
ガラスコーティングにかかる費用は70平方メートルコーティングをする場合には30万円ぐらいになります。
耐久年数ですが、15年から20年は長持ちをします。

おすすめWEBサイト

檜風呂

Bluetoothスピーカー 接続

注文住宅を京都で相談

最終更新日:2017/11/14